メニュー

シミ

皮膚色素が部分的に増加した状態をシミといいます.一言でシミといっても数種類のタイプがあります.

1.老人性色素斑,日光性色素斑,脂漏性角化症:不定形のシミで大きさや濃さが徐々に増す傾向があります.また厚さが増して隆起することもあります.治療には光治療,レーザー治療を用います.

2.肝斑:頬骨部や額に発生することが多く,境目がはっきりしないぼやーっとしたシミです.原因は不明ですが,摩擦やホルモン的な影響があると思われます.不用意にレーザーを照射すると増悪することがあります.治療はトラネキサム酸等の内服薬,レーザー・トーニング,光治療を組み合わせて行います.

3.そばかす:色白で乾燥肌の人に発生することが多く,思春期に目立つようになります.光治療,レーザー治療で治療します.

4.後天性真皮メラノサイトーシス:頬骨部,下瞼,鼻,こめかみに発生する灰色~褐色のシミです.比較的深くに存在するシミなのでQスイッチ・レーザーを用いて治療します.

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME